×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

GIDアーカイヴ。SRS(性別適合手術)のこと。

◇性別適合手術とプライバシー。◇

さて、TVやマスコミで性同一性障害が頻繁に取り上げられるようになっても、私には自分自身がそれに出ることなど、全く考えられないことでした。

それは、私は別に有名人になりたいわけでもなかったし、見た目的にも圧倒的に自信がなかったからです。TVとかに出て、性同一性障害への世間の理解を上げていくのは、特にMTFは見栄えが良い方が良いよね、と私は自分自身を納得させていました。

今でもやはり美人のMTFは理解されやすいというか、周りにも受け入れられやすいですよね。

「これだけ美人ならしょうがないか」って感じで。

でも、私は全然美人でも無いし、声は低いし、髪の毛も薄いですから。ただ、背が低いのでちょっと目立ちにくいだけです。

さらに私の担当医もマスコミに出たり、担当の患者に出ることを勧める人ではなかったし、「性同一性障害」をネタ(理由)にしてTVとかに出ることは、私の人生観には全く相容れないものでしかなかったのです。担当医は、そんな私のことを良く理解してくれていました。

しかし、私がその病院の最初のSRS(性別再判定手術)を受けるとなると、やはりその病院内の何人かの先生は、 「できれば多少マスコミに出て欲しい」とのニュアンスに変わって来ました。

そりゃまあ、病院側にしても、「うちでは性同一性障害に対する治療、しかもSRSまでしている」ことを宣伝したいでしょうし、例えば、その記者会見とかでも「この人です」って隣に私がいた方が良かったのでしょうが、やはり私は、それは丁重にご遠慮させて頂きました。

だって、TVや新聞ではモザイクかけてもらうにしても、その場にいる記者さん達には絶対に素顔を見られちゃうんですよ? 私はどうしてもそれが嫌だったのです。「こんな美人でも無い人が?」なんて思われるでしょうし、それこそ強いライトに晒されるなんて、不安で仕方ありませんでした。

そして、実際にSRS(性別適合手術)の予定日が近付いてきたある日、私は病院側から一枚の紙を渡されました。それは記者会見等のマスコミに対して、私の個人情報をどれだけ発表しても良いか、を尋ねるものでした。

名前、年齢をはっきり出すか、何十歳代にするか、住所の情報もどこまで出すか、県名とか地方名程度にするか。そしてMTF、FTMの別を発表しても良いのか。

実は私の担当医はこれに対しても、「一切、何も出さなくても良いんじゃないの?」と言ってくれたのですが、さすがに私は少し考えちゃいました。全く何にも情報が無いってのもどうなんだろうなあって。

そこで、結果的に私は「MTF」っていうことだけ発表しても良いと書くことにしました。まあ、同じMTFに、夢じゃないですが、希望を持ってもらえたらなってことで。

と言うことで、私に対する手術の前の記者会見はもちろんのこと、退院したことを発表する記者会見も本人のいない形で行われ、その後も、私は一切マスコミの前には出ませんでした。

※ご存知の方もいるでしょうが、2013年になって、私は全身モザイクを条件にTVに出演させていただきました。

感想をメールする。スパム対策がしてあります)

GIDアーカイヴ。SRS(性別適合手術)のこと。

このページのトップへ

Copyright(C) Since2004 えんじぇる。(sad_angel) All Rights Reserved.