×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

GIDアーカイヴ。GID(性同一性障害)全般のこと。

◇通院の間隔と治療の進歩。◇

今更言うまでもないのですが、私の髪の毛は少ないです。元々、1本1本の毛も細くてボリュームもないし、何度パーマをかけても全く無意味な程の直毛だったりします。その上、頭には小さな頃に鉄骨の階段を転げ落ちた時にできた傷もあって、当然、その部分には髪の毛がほとんど生えていません。少し強い光が当たると、私の頭は見るも無残です。

ホルモン投与をしてくれていた先生には、

「ホルモンしてなかったら、今頃君はハゲてるよ」と言われたほどです。

それが私が鏡を見ると苦痛を感じる理由の1つだし、もしもっと私の髪の毛が多くて、女の子らしくすることができていたら、少しは表舞台にも出ていたかも知れません(そういうチャンスも、実際にありましたから)。

ですから、私も私なりに多少はどうにかしたいと思って、公式医療に入った後、同じ病院の皮膚科に相談してみたことがあるのです。

ところが、その時にはあまりきちんとした対応はしてもらえませんでした。先生には同席した医学部生の方と共に「気にすることない」と一笑に付されてしまい、私はまた悲しくて泣いちゃいました。

そもそも気にしていないんだったら、わざわざ時間とお金を使ってまで相談になんか来ませんよね?その後、私は皮膚科の受診にトラウマを持ってしまいました。

それでも私は無理を言って、何とかある種の塗り薬を処方してはもらったものの、目に見えての効果も感じられないまま、私はずっとそれを使い続けていました。

しかし、それから時は流れて数年数ヶ月。その間に私は何日間その病院に入院し、何回通院したことでしょう。ところが、特に性同一性障害当事者でなくても、いつのまにか「髪の毛の悩み」にも、きちんとした治療としての対応がされるようになっていたのです。

寂しいことに、私はそのことを全く何も知りませんでした。

先日、たまたま通院した時に、

「せっかく来たのだから、もう一度、何か方法はないのか相談してみよう」

とまた無理を言って、皮膚科の先生に診察してもらって、やっとそのことを知ったのです。

もし無理を言って受診しなければ、私は今でも知らないままだったでしょう。私はうれしかった反面、少し寂しく感じてしまったのです。

受診の結果、ありがたいことに、今では良い飲み薬もあるとのことで、一応それも処方してもらえることにはなりました。塗り薬に加えて飲み薬。年齢的にも難しいでしょうが、多少なりとも効くと良いのですけど。

でも、できれば少しでも早く、治療の対象になっていることを、私だって何とか知りたかったなあと思ってしまうのです。私がその病院に入院や通院しているかなり長い間、知るチャンスは本当になかったものなのでしょうか。

思えば、数年前に塗り薬を処方してもらったのも私のわがままで、先日の診察も私のわがままだと思われているのでしょう。

もちろん、私もいつも無理を聞いて下さっている先生や、看護師さんたちには私なりに感謝しています。

でも、私はその病院にずっと通って、その病院でSRS(性別適合手術)まで受けているのに、その情報を何ら知らなかったことがやはり少し悲しく思えたのです。

「毎回、1つ1つ細かく訊かないと教えてもらえない」

「知っているものだけが得をする」

そりゃ、その病院のすぐ近くに住んでいる患者さんは良いでしょう。何度も先生に相談するチャンスもあるかも知れません。

でも、遠方からわざわざその病院が良いと思って、その病院を信頼して、高い交通費まで使って通う患者は置いてけぼりになっちゃうのでしょうか?

確かに「他の、ご自宅の近くの病院に相談なされば?」とも言われました。言われましたが、「はい、そうですね」って言える人がいるのでしょうか?いませんよね、それこそそれまでその病院で治療を受けてきていたら。

性同一性障害の当事者には悩みも多く、どうしてもその分、相談したい内容も多岐に及んでいて、わずか数分ごとの診察では患者は訊き忘れることもあるものです。まして、この科のこの先生はこの曜日、この科のその相談はこの曜日、しかも予約が必要とかって。

毎回、朝の4時起きで家を出るような通院をしている私には、気持ち的に「通院だけが人生」みたいになって来ています。病院の近くに住んでいる患者さんよりも、どうしても一度一度の通院に、すごい重要性を感じてしまうのです。

やはり性同一性障害に対する治療って、よほどのお金持ちしか受けるなってことなのでしょうか?それともやっぱり、こんなこと思ってしまう私の方がおかしいのでしょうか?

感想をメールする。スパム対策がしてあります)

GIDアーカイヴ。GID(性同一性障害)全般のこと。

このページのトップへ

Copyright(C) Since2004 えんじぇる。(sad_angel) All Rights Reserved.