GIDアーカイヴ。OLモドキ時代のこと。>「男」か「女」か。さあ、どっち?

◇「男」か「女」か。さあ、どっち?◇

「えんじぇるちゃんってパソコンは使えるよね?」

始まりはHちゃんのそんな一言でした。

「うん、たぶん人並みには使えると思うけど?」

私は確かそんな風に答えたと思います。

彼女は私と違って純女(生まれつきの女性)でしたが、以前、同じお店で働いていて、それぞれがお店を辞めた後も私達は時々会っていました。

年齢は彼女の方が一つ下でしたが、彼女はこれまたお姉さんタイプの性格で、お店にいる時から私のことを「ちゃん」付けで呼んでくれていました。

退職後、彼女の方はシングルマザーとなっていましたが、昔は銀行で働いていたおかげか、次の仕事(アルバイト)もすぐに見つかり、ちょうど今、その彼女と同じ部署で人を探しているので、良ければ、私に来ないかと言ってくれたのです。

もちろん、普通に女性として。

私としては願ったり叶ったりの申し出でしたが、もちろん不安はありました。その時には既に私は改名も済ませ、SRS(性別適合手術)も受けた後でしたが、相変わらず自分の見た目にはまるっきり自信がなかったのです。

なぜなら声は低いし、喉仏は(今でも)削ったりしていないのですから。もちろん、顔の整形とか全くしてないし。果して、私は昼間のオフィスでも女性に見えるのかな?そんな気持ちでした。

私なんて、一目で「男だ!」って言われるんじゃないのかなあ。

実はその当時でもMTFのOLなんて全然珍しくもないし、私の年下の友人の中にもいたのですが、やはり見た目の良くない私には、まあ、そんなことは無理だろうと心のどこかで思っていました。

第一、OLさんが着るような服(スーツ)とかって全く持ってないし。面接とかには、一体、何を着ていけば良いんだろう?

彼女の話では、その会社はある大企業の子会社で、部署は彼女と同じ所、デスクもすぐ隣になるとのことで、仕事的には書類の内容のパソコンへの打ち込み。割りと誰にでもできる仕事ですが、電話での応対もかなりあるとのことでした。

仕事の服装は私服の普段着程度でスーツとかも着なくて良い、ただ、事務所内から他の部署へ書類を走って届けたりもすることがあるので、スカートを履いてる人はいないし、でも自分が履きたければ履けば良い。化粧もする、しないも自由だと彼女は教えてくれました。

しかし、重要なことがありました。

そう、私の戸籍上の性別のことを会社側に伝えているのかどうか。もし彼女が伝えていないとして、私は面接で伝えるべきなのか。

その疑問に対しては、

「アルバイトなんだから別に伝える必要はないんじゃない?もし長く続けられそうで、パート契約とかまですることになったら、そこで自分できちんと会社側と話せば良いんだし」

と彼女は答えました。

履歴書の性別欄。「男」に丸をつけるのか、「女」に丸をつけるのか。それは私にとって深刻な問題でした。

「男」に丸をつけて、「女性として働きたい」と言うのか、「女」に丸をつけて何も言わずにおくのか。でも、何も言わなくて、「あんた、ほんとは男でしょ?」とバレたら。

第一、私は面接に通るのかな?それにこの低い声で、女性として電話応対の仕事なんてできるのかなあ。

意気地無しの私は不安ばかりで、せっかくの申し出を断ることも考えましたが、当時の私には背に腹は変えられない事情もありました。彼女もそのことを言いました。

「えんじぇるちゃんなら真面目だし、大丈夫だって」

彼女はそうも言ってくれました。

あまり詳しくは教えてくれませんでしたが、彼女はその子会社の重役も兼ねる親会社の人を知っているので、面接に来てくれさえすれば、落ちることはまずないとのことでした。つまりはコネ入社だったのです。

ですから、面接の直前まで迷った挙句、私は半ばヤケ気味に開き直り、履歴書の性別欄には「女」に丸をつけて、「バレたらバレた時じゃん」と思うことにしたのでした。

GIDアーカイヴ。OLモドキ時代のこと。>「男」か「女」か。さあ、どっち?

このページのトップへ

Copyright(C) Since2004 えんじぇる。(sad_angel) All Rights Reserved.